東日本プラスチック健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

新着情報

[2020/02/28] 
正しい情報をもとに呼吸器感染症の予防法を実践しましょう

せきエチケットと手洗いが重要
マスクは正しく着用

新型コロナウイルス感染症は、ウイルス感染後1~14日間の潜伏期間を経て、発熱、せきなどの上気道症状、関節痛や倦怠感などの症状が現れるものです。肺炎や呼吸困難をおこし、死に至ることもありますが、WHOによると致死率は約3%と、SARSの10%と比べて高くはありません。感染経路としては、現在、飛沫感染(せきなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、そのウイルスを口や鼻から吸い込み感染)、接触感染(ウイルスが付着したものに触り、その手で鼻や口などを触って粘膜から感染)の2つが考えられています。

予防法はインフルエンザなどの呼吸器感染症と同じく、せきエチケットと手洗いです。せきエチケットとは、せきやくしゃみが出る人は①使い捨て(不織布製)マスクをつける、マスクがなければ、②ティッシュなどで鼻と口を覆う、③腕(上着の内側やそで)で覆うことです。手洗いは、こまめに石けんを使ってしっかり洗うこと。アルコールでの除菌も効果があります。

厚生労働省では、ウェブサイトで新型コロナウイルスに関する情報を発信しているほか、電話相談窓口も開設しています(下記参照)。過剰に心配することなく、公的機関の発信する正しい情報をもとに、予防に努めることが大切です。

●厚生労働省の電話相談窓口  フリーダイヤル 0120-565653(9時~21時。土日・祝日も実施)

●厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A」 
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

●厚生労働省「新型コロナウイルスを防ぐには」 
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf

●厚生労働省「新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター」 
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

ページ先頭へ戻る