東日本プラスチック健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

インフルエンザ予防接種

季節性インフルエンザの予防のため、インフルエンザ予防接種をされた方を対象に、接種費用の一部を補助いたします。

契約機関で接種する場合(平成31年度から実施予定)

事業所・健保組合に書類を提出する必要がございません。
大変便利ですので、ぜひご利用ください

実施機関

東振協インフルエンザ予防接種契約機関(全国2,800機関以上)

実施方法

院内予防接種…契約機関の施設内
集合予防接種…公的施設(ホテル等の会場)
出張予防接種…事業所に医療スタッフを派遣(条件あり)

自己負担額

契約料金(最高3,890円)から当組合が補助する金額(1,500円)を差し引いた額となります。
契約料金は契約機関ごとに異なりますので、お支払いいただく額も一律ではございません。

利用方法、契約機関、契約料金、利用券等の発行は、東振協インフルエンザ予防接種をご覧ください。
http://www.toshinkyo.or.jp/influenza.html

必要書類
  • 「東振協専用インフルエンザ予防接種利用券」(院内・集合)
  • 「東振協専用インフルエンザ予防接種利用申込書・名簿」(派遣)
  • 健康保険証
対象者 被保険者・被扶養者
お問合せ先 保健事業課
備考 接種日が2月・3月は対象外

契約機関以外で接種する場合(立て替え払い)

契約機関で接種できない場合は、接種費用を全額自己負担していただき、当組合に申請して払い戻しを受けることができます。

  1. STEP1最寄りの医療機関で接種し、その際に東プラ健保組合指定の領収書を持参して医療機関に記入してもらってください。
  2. STEP2接種後、「領収書の原本(コピー不可)」を事業主に提出してください。事業所は領収書に「請求書(インフルエンザ専用)」を添付し、保健事業課へ提出してください。
  3. STEP3毎月10日締め、毎月々末に事業所宛にお支払いいたします。
    請求最終締切日 平成31年3月29日【健保組合必着】
必要書類 インフルエンザ予防接種料領収書(医療機関記入)
インフルエンザ予防接種補助金請求書(事業所記入)
任意継続者専用 インフルエンザ予防接種補助金請求書
提出期限 当該年度末(3月末日)必着
対象者 被保険者・被扶養者
お問合せ先 保健事業課
備考  

注意事項

領収書はお返ししません。
また、下記のような領収書は受付できませんのでご注意ください。

  • 医療機関(またはその代表者)の印がない場合
  • 誤字、記入もれ等の不備がある場合
    (誤字は医療機関の訂正印が必要です。修正液・修正テープ等は不可)