東日本プラスチック健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

東プラ健保 加入のご案内

東日本プラスチック健康保険組合は、プラスチック製品の製造・加工及び販売を主とする関連事業所とそこで働く人たちで組織される総合健保組合として、昭和42年4月に創設されました。

参考リンク

今後は、健康管理事業のさらなる充実をめざして役職員力を合わせて努力しております。
ぜひ当組合への加入を検討してくださいますようお願い申しあげます。

加入の手続きは簡単です

健康保険組合は、加入時の費用等は一切かかりません。
加入申込書等の必要書類を提出いただき、組合会で加入が承認されますと、協会けんぽからの編入手続きは、すべて当健康保険組合が行います。
詳細につきましては、業務管理課にお問合せください。

東プラ健保と協会けんぽの比較表

全国健康保険協会(略称:協会けんぽ)より低い保険料率で、協会けんぽより手厚い保険給付と保健事業の内容となっています。

東日本プラスチック健康保険組合 協会けんぽ
保険料率
  • 健康保険料率 9.8%
    (負担割合:折半)
  • 介護保険料率 1.70%
    (負担割合:折半)
参考リンク
  • 健康保険料率 10%(全国平均)
    (負担割合:折半)
  • 介護保険料率 1.73%(全国一律)
    (負担割合:折半)
付加給付 当組合が行っている付加給付
  • 家族療養費付加金
参考リンク
法定給付のみ
東日本プラスチック健康保険組合 協会けんぽ
疾病予防
事業
  • 健康診断(被保険者)
    • 35歳未満
      簡易健診(A1)1,500円
      定期健診(A2)6,381円
    • 35歳以上
      生活習慣病予防健診(B)5,000円
      日帰り人間ドック(D1)20,000円~
  • 健康診断(被扶養者)
    • 35歳以上
      生活習慣病予防健診(B)5,000円
      巡回婦人健診(C3)5,000円
      日帰り人間ドック(D1)20,000円~
    • 40歳以上
      特定健診(E)1,000円
  • インフルエンザ予防接種
    1人1回まで最高2,390円
    • ※金額は契約機関で受診時の自己負担額です。
    • ※節目年齢(40・50・60・70歳)被扶養者は、生活習慣病予防健診または巡回婦人健診の5,000円を免除。
    • ※東プラ健診クリニックの人間ドックは、10,000円~。
  • 健康診断(被保険者)
    • 35歳未満 なし(全額事業主負担)
    • 35歳以上
      生活習慣病予防健診 最高7,038円
      子宮・乳がん検診等は、別料金。
  • 健康診断(被扶養者)
    特定健診(40歳以上)を最高6,520円補助。
  • インフルエンザ予防接種
    なし(全額自己負担)
直営
保養所
なし
契約
保養所
なし
健康増進
事業
なし
体育奨励
事業
なし