東日本プラスチック健康保険組合 〒111-0052 東京都台東区柳橋1-1-4 TEL:03-3862-1051 FAX:03-3864-8293
東プラ健保のご案内 保健事業のご案内 健康保険のしくみ 健康保険の給付 各種ダウンロード


 
トップ健康保険のしくみ ≫ 保険料の決め方

保険料の決め方

健康保険では、被保険者が受ける様々な報酬(給料、諸手当など)の月額を、一定の幅で区分した標準報酬にあてはめて標準報酬月額を決定し、これに保険料率をかけて保険料が計算されます。また、賞与等(標準賞与額)に対しても月々の給料と同率の保険料率をかけて保険料が計算されます。
平成20年4月から、健康保険の一般保険料が、後期高齢者医療制度への支援金などにあてられる「特定保険料」と保険給付や保健事業にあてるための「基本保険料」に区分され、保険料の使途の内訳が明確になりました。
40歳から64歳までの被保険者は一般保険料と介護保険料が徴収されます。

賞与にかかる保険料
 賞与にかかる保険料は、毎月の給与にかかる保険料率と同じ保険料率を乗じて計算します。
 原則として、事業主と被保険者が折半負担します。
 健康保険料 = 標準賞与額(年間573万円) X 健康保険料率
 介護保険料 = 標準賞与額(年間573万円) X 介護保険料率
 
 ※標準賞与額とは、賞与の1,000円未満を切り捨てた額をいいます。
   なお、年度(4月1日から翌年3月31日まで)の累計額で573万円を上限とします。



当健康保険組合の保険料率は、以下のとおりです。ダウンロードしてご使用ください。

標準報酬月額保険料額表(平成30年3月1日適用)