東日本プラスチック健康保険組合 〒111-0052 東京都台東区柳橋1-1-4 TEL:03-3862-1051 FAX:03-3864-8293
東プラ健保のご案内 保健事業のご案内 健康保険のしくみ 健康保険の給付 各種ダウンロード

トップ ≫家族を扶養したいとき、削除したいとき
家族を扶養に入れたいとき、削除したいとき

1.家族を扶養に入れたいとき

家族を扶養に入れたいときは、「被扶養者(異動)届」を会社(事業主)経由で健康保険組合へ提出してください。添付書類が必要な場合もあります。

  提出書類  : 被扶養者(異動)届
 必要な添付書類
  (※必要に応じて、その他の証明書を添付していただく場合が があります。)

被扶養者の認定基準
被扶養者として認定される基準は、主に次の3つすべてを満たす必要があります。
(※詳しくは、「被扶養者となる方」を参照してください。

(1) 3親等以内の親族関係であること
【同居・別居を問わない方】
  @配偶者(内縁関係を含む)、 A子・孫、 B兄弟姉妹、 C父・母、 D祖父母、 E曾祖父母
【被保険者と同居が条件の方】
  F上記@〜E以外の3親等以内の親族、 G被保険者の内縁の配偶者の父母・連れ子(内縁
  の配偶者の死亡後を含む)

(2) 主として被保険者によって生計を維持されていること
 ※「主として生計を維持されている」とは‥‥
   ○同居の場合‥‥家計を一にしていて、被扶養者となる人の収入が被保険者の収入
   の2分の1未満であること。
   ○別居の場合‥‥被扶養者となる人の収入が、被保険者からの援助(仕送り等)より
   少ないこと。


(3) 被扶養者となる方の収入がつぎの条件を充たしていること
60歳未満の方(障害厚生年金の支給要件に該当する方は除く)】
  継続性のある収入が年収130万円(月額10万8333円、日額3611円)未満であること
60歳以上または障害厚生年金の支給要件に該当する方】
  継続性のある収入が180万円(月額15万円、日額5000円)未満であること


2.家族を扶養から削除したいとき

被扶養者の方が認定基準に適合しなくなったとき、または就職等により別の健康保険に加入したときなどは、被扶養者資格が無くなります。被扶養者の資格が無くなったときは、5日以内に「被扶養者(異動)届」と削除となる方の保険証を会社(事業主)経由で健康保険組合へ提出してください。

  提出書類  : 被扶養者(異動)届と削除となる方の保険証

※保険証を無くして返還できないときは、「被保険証滅失届」を添付してください。