東日本プラスチック健康保険組合 〒111-0052 東京都台東区柳橋1-1-4 TEL:03-3862-1051 FAX:03-3864-8293
東プラ健保のご案内 保健事業のご案内 健康保険のしくみ 健康保険の給付 各種ダウンロード


 
トップ健康保険のしくみ ≫ 交通事故にあったとき

交通事故にあったとき(第三者の行為でケガをしたとき)

健康保険で治療を受けることもできます
 (業務上や通勤途上災害では健康保険を使うことはできません)

交通事故でケガをしたときの医療費は、原則として加害者が負担すべきものですが、健康保険を使用して治療を受けることができます。
 この場合、健康保険組合が支払った治療費にかかる損害賠償請求権は、健康保険組合が取得(代位取得)します。健康保険を使用した場合は、すみやかに当組合へご連絡の上「第三者行為による傷病届」をご提出ください。
 ※ 業務上(仕事上)や通勤途上の災害では、健康保険は使用できません。
 ※ 被保険者や家族に飲酒・無免許運転などの重過失があった場合は、健康保険を使用できません。
 ※ 示談にあたっては事前に健康保険組合に連絡をしてください。



交通事故の場合
    
@ かならず警察へ連絡し、人身事故扱いの「交通事故証明書」を受ける。
A 健康保険を使用する場合、健康保険組合に連絡する。
B 加害者の身元を調べる(氏名、住所、勤務先の会社名と所在地、電話番号、自動車のナンバー、免許証、車検証など)。
C 加害者と勝手に示談しない。
D 傷病原因について」を健康保険組合にすみやかに提出する。
  (健康保険が適用になるかどうかの確認に必要です)
E 第三者行為による傷病届(交通事故)」≪記入例≫を健康保険組合にすみやかに
提出する。
F  添付書類
  ・「事故発生状況報告書」≪記入例
  ・「交通事故証明書」(自動車安全運転センターで交付されます)
  ・「念書」≪記入例
  ・「人身事故証明書入手不能理由書」≪記入例
    (「交通事故証明書」が交付できない場合と「交通事故証明書」の内容が人身事故と
      なっていない場合のみ)
  ・「示談書」の写し(示談が成立している場合のみ)
 ※届出いただいた内容により、医師等の「診断書」を提出いただくことがあります。

交通事故以外の場合
      
    
@ 加害者の身元を調べる。(氏名、住所、勤務先の会社名と所在地、電話番号、自動車のナンバー、免許証、車検証など)
A 加害者と勝手に示談しない。
B 傷病原因について」を健康保険組合にすみやかに提出する。
  (健康保険が適用になるかどうかの確認に必要です)
C 第三者行為による傷病届(交通事故以外)」≪記入例≫を健康保険組合にすみやか
に提出する。
 添付書類
  ・「念書」≪記入例
  ・「示談書の写し」(示談が成立している場合のみ)
 ※届出いただいた内容により、医師等の「診断書」を提出いただくことがあります。

    
交通事故についてのお問い合わせは業務管理課
TEL:03-3862-1050(直通)